非常勤で働こう!常勤の医師とは何が違うの?

非常勤なら時間の自由が大きい

医師は常勤で働くよりも非常勤で働くのにメリットがある場合もあります。病院勤務をしていると仕事に追われてしまいがちになり、ワークライフバランスを維持するのが難しくなりがちです。しかし、非常勤の場合には常勤に比べると時間の自由が大きく、あまり仕事が山積みになって苦労することがありません。シフト制で働けることが多いのが非常勤の魅力であり、働く時間帯を比較的自由に選べるようになっています。採用されたときの待遇によっては夜勤や早番などを免除してもらえる場合もあるため、働きやすさという点で優れているのが非常勤です。仕事よりも私生活を優先したいと考えている人ほど非常勤で働くのを検討した方が良いでしょう。

仕事の責任にも違いがある

医師の仕事は責任が重いのが重圧になりがちです。非常勤で働くと一般的には常勤よりも責任の軽い仕事に従事する機会が増えます。常に現場にいるわけではないため、不測の事態が起こったときに対応できるとは限らないからです。症状の重い患者を担当したり、ターミナルケアをしたりすることが少ない現場が多くなっています。しかし、希望すれば能力次第で大きな手術の執刀医となれる現場もあり、自分が望む形で働ける可能性が高いのが魅力です。臨床現場に立たないという選択肢もあり、健康診断などで採血や問診などを行う働き方も選べます。非常勤の方が仕事の種類も豊富なので、仕事の内容や責任のバランスを考えて仕事を選ぶことができるでしょう。

医師のバイトは病院だけでなく様々な診療科で、週1日から募集があります。キャリアによって収入アップ・スキルアップも可能な場合もあります。