これから目指す人必見!?歯科衛生士の役割と求人の探し方

歯科衛生士が行なう主な仕事

歯科衛生士とはその名の通り歯に関わる医療業務を行なう専門職です。歯の病気で悩んでいる人が歯科医で治療を受ける時の診療補助や予防についての説明が主な仕事になります。定期的に小学校や幼稚園に足を運んで歯磨きについての指導を行なうのも歯科衛生士の役割です。同様の仕事に歯科助手という物がありますが、歯科助手が特別な資格が必要ないのに対して歯科衛生士は専門の国家資格を取得することが義務付けられています。そのため、歯科衛生士になるためには専門学校や国指定の養成所で実技や知識について学ばなくてはいけません。

歯科衛生士として働く場所

仕事をする上で気になる勤務地ですが、歯に関わる業務を専門とする歯科衛生士は大学の歯学部や保健所など勤務地の選択肢が豊富なのが特徴です。その中でも比較的多くの人が選択するのが一般歯科医への就職になります。歯科医の需要は時代を問わず常に高い傾向にあって、他の診療所に比べてその数も充実しているため、住んでいる地域を問わず働きやすいのが魅力です。

求人の見つけ方と応募をする上でのコツ

歯科衛生士は歯科医が直接募集を行なっているケースもありますが、求人サイトを利用して見つけるのが一般的です。国家資格が必要な歯科衛生士は一般的な仕事に比べて高給が期待できます。とはいえ、同じ仕事でも勤務時間や福利厚生の面でそれぞれ違いがあるのは否めません。そのため、求人に応募をする前に雇用条件や収入面で問題がないかについて複数の求人から比較検討をして自分に合った所を見つけることが大切になります。

歯科衛生士の募集は非常に活発に行われています。歯科医院の数はコンビニの数よりも多くある為、地域を選ばずあらゆる場所で求人を探す事が出来ます。